小学生の時からニキビで悩んできた

ニキビにはやっぱり基本が大事なんですよね。
私は小学生の時からずっとニキビのことで悩んできました。
そこまでひどいというわけではありませんが、おでこと口の周りにポツポツ。
しかも気になって気になってかいてしまい、茶色のような紫色のような跡が残ってしまうのです。

どうしても治したくて、いろんな市販のお薬や、皮膚科にも行ってお薬をもらってきたのですが、一向に治りませんでした。
ビタミンが足りないからと食生活を変えても、完治することはありませんでした。
むしろ洗顔料にかぶれたのか、全体的に赤くなるときもあったくらいです。
もうどうしようもないと思ったのです。
母は40を過ぎてもノーメイクで大丈夫なくらい綺麗な繊細な肌をしているのですが、父の方はどうやら昔ニキビがすごかったみたいで今も跡が残っています。
そして私は肌に関して父の方の遺伝子を受け継いでしまったのです。
男の人はちょっと暗い跡が残っていたって構わないのでしょうしそれが逆にかっこよく見えるときもあるけれど、娘の私はそうはいかない。
とうとう遺伝だからと諦めました。
ところがどっこい。いろんな薬を試さなくなってから、逆にニキビの状態は良くなっているようなのです。
ツルツルのお肌とまではいきませんが、少なくともそれまでみたいに派手な赤ニキビができることは少なくなりました。
結局私は敏感肌だったようで、毎日のシンプルな洗顔の方が、敏感肌には向いていたみたいです。
下手に洗顔料で刺激するよりも、優しい石鹸で洗った方が、肌にとっては良かったのでしょう。
結局、人それぞれにあった対処があるのですね。
必ずしも病院に頼る必要がないということかもしれませんね。
まずは身近な生活から見直してみると、意外な効果がありますよ。女性に生まれたからには、おめかししたいですよね。
お肌の状態によって、おしゃれも左右されますよね。
ですから最後まで諦めないでください。何かのきっかけでニキビが改善する可能性は十分にあるのだと思いますよ。
自分の肌にあった方法を見つけてあげてください。

ニキビ洗顔料の失敗しない選び方

乾燥肌もニキビの原因の一つとして考えられる

乾燥肌もニキビの原因の一つとして考えられるので、自分がニキビができてしまう原因がわからずに悩んでいたという人は、乾燥肌の可能性をみおとしていなかったか再検討してみましょう。

お肌が脂っこいとニキビができやすくなるというイメージがありますが、実は乾燥肌がニキビの原因になることも多いそうなんです。

というのも、保湿がきちんとされていないことでお肌がゴワゴワと乾燥し、その結果毛穴が細くなってしまい詰まりやすくなってしまうんだそうです。正に目からうろこでした。
私は30代になってからというもの大人ニキビがたまにできて困っていたのですが、もしかしたらその原因は手抜きのスキンケアによるお肌の乾燥によるものだったのかなぁと今では思います(心当たりがあるので)。
ということで、40代に入った現在は、毎日のスキンケアで保湿には特に重点を置いています。
化粧水はこれでもかというくらいたっぷりと使いますし、時間をかけて手で温めながらお肌に浸透させています。
保湿を重視するようになったことで、格段にニキビができにくくなったと感じます。これからも保湿を第一に心がけ、ニキビのない美肌をキープしていきたいです。

口の周りにニキビができやすい

大人になると、ニキビは口の周りにできやすいものなんですよね。
ニキビが出来る時には1回に付き1個ですが、大きくなります。
この1個に皮脂が凝縮されているかのように、どんどん大きくなっていきます。
私は、ニキビは大きくなって痛みがあるときには、赤ニキビになる直前を見計らって、潰すようにしています。

ニキビ跡は残したくないために、消毒した針でニキビの先に小さな穴をあけます。
ニキビの周りを指先で押して白い塊を取り出します。
大きめの塊ですが、一度でうまく取り出せるのでその後の治りは早いです。
潰した後は、きれいに洗い流して化膿止めを塗っておきます。
薬を塗るときと塗らないときでは治り方が違います。
ニキビは、若い頃の方が治りが早かったです。
だんだん遅くなり、1か月以上かかることもありました。
清潔を心がけることと、塗り薬は必要です。
ニキビは、洗顔でかなり防ぐことができます。
洗顔後に、ぬるぬるしていないか確認して、ぬるぬるした部分だけ2度洗いしています。
この方法を始めてからニキビが減りました。

簡単にできるニキビの対策は

簡単にできるニキビの対策には、どんなものがあるのだろうかと知りたい人、多いんじゃないですか。私自身が試してきた数々のニキビの対策方法の中から簡単にできるものを紹介しましょうね。
私は学生時代からおでこにあるニキビに悩んでいました。
特に生え際のニキビが酷く、できては治りの繰り返しでとても辛かったです。
おでこのニキビならそんなに悩まなくてもと思われるかもしれませんが、当時実際にそう思っていて何もケアをせずに放っておいた時期がありました。

そうしたら、今までなかった所にポツリ、ポツリと赤いあのニキビができていました。
そして、ニキビは放っておくと広がるということをこの時初めて知りました。
そこからはあっという間で、おでこの一箇所にできてただけのニキビがこめかみに、髪が生えているつむじの方へとどんどんと分散してできていってしまったのです。
今思い返すと無意識にニキビを触っていて、そのまま他のところにも触れていたのでニキビの菌が移ってしまったのだと思います。
さて、そんな私がどのようにしてニキビを撃退したのかというと、化粧水美容液乳液の3種の神器を揃え活用したからです。
今まではの私は知識が乏しかったので化粧水くらいしかつけていなかったのですが、さすがにニキビがここまで猛威を振るうとなると対策せざるをえなくなり、インターネットで色々と調べた結果、上の3つを正しい使い方で使用するということでした。
ですが、化粧水にしろ美容液にしろ乳液にしろドラッグストアに行けば色々な種類が置いてあります。
なので今回は私が実際に使ってみて一番効果を実感できたものをそれぞれ一つずつ上げていこうと思います。
化粧水:ハトムギ化粧水インターネットなどでよく上げられる商品ですが、この商品のウリはなんといってもコスパの良さです。
500ml入って600円前後、安いところだと500円近くで購入できます。
化粧水の一番大事なところはとにかくジャブジャブ使って肌に水分を供給すること。
この商品はこの目的に最も理想的です。
いくら高い化粧品を買ったところでバシャバシャと使えないようでは化粧水の意味がありません。
なのでこのハトムギ化粧水でとにかく肌に水分を与えましょう。
美容液:メラノCC美容液こちらは私が最も愛用している商品です。
これを使うのと使わないのではニキビの治り具合、再発の可能性が変わってきます。
この商品は名前からもおわかりいただけるように、肌にビタミンを与えてくれます。
私たち現代人は食生活が偏りがちです。
特にビタミンというものは意識して取らなければなかなか体内に入ってきません。
本来ならサラダや果物などから摂取するのが一番良いのですが、実際生活しているとなかなか毎日摂り続けることは難しいです。
なので肌に対してはこの美容液を使いビタミンを与えます。
食べ物と違い美容液ですから、洗顔後化粧水の後に数滴手のひらに垂らして使うだけと簡単でこれなら毎日できると思います。
何よりこの商品はビタミンがちゃんと入っているので赤ニキビの色も使って数日で消えていき一週間もすればすぐにニキビごと綺麗さっぱり消してくれます。
乳液:無印良品乳液敏感肌用さっぱりタイプ正直乳液はしっかりと化粧水で入れた水分が蒸発しないようにしてくれればなんでも良いのですが、そんな中でも一番のオススメはコレです。
肌にも馴染みやすく、ベタつきもほとんどなく、本当に肌に蓋をしてくれて水分が飛ばないようにしてくれます。
タイプ違いも販売されているようなので実際に触って肌にあう方を買ってみてください。
以上が私がニキビを克服した方法です。
今では徹夜などしない限りはほとんどニキビができなくなりました。
この記事を読んでくださった方の参考になれればと思います。